いつでも一緒

キターーーッ!!!  

日頃、友人やブログのお友達の里親募集に協力させていただいておりますかとちゃんですが、とうとう自分にもそんな巡り合いが来るとは、、、いや、、、それは突然来てしまったのだ。


7月9日の朝10時過ぎ頃、外で猫の鳴き声がする。
”いつもの鳴き声とは違うな、聞いたことない声だな”と、心にひっかかるものを感じ外へ出て見ると


d0081025_2249484.jpg

いたーーー!!!


小さな子猫が鳴きながら家の周囲をあっちこっちしてるのだった。


ここで見て見ぬ振りをすることはできるけど、条件反射的に、これは保護するしかない!
後の事は全く考えずに、保護する行動にでたのであります。


d0081025_2253573.jpg

しかし、人間の姿を認めるとエアコンの室外機の裏に隠れたり、近づけば小さい体をじたばたさせて細い隙間に隠れたり、全く近寄ることができません。


ガリガリ具合と小ささ具合から、絶対お腹を空かせた野良であろうと、チーズを掛けたカリカリで釣ることにしました。


d0081025_22555479.jpg

そうしたら、来ましたヨ☆
見かけどおりのガリガリのちびっこ・・・二か月くらいでしょうか?

でも近寄った気配に、一目散に逃走(>_<)
かとちゃんの家のある棟並び3件の敷地内しか移動しなかったから
丁度、帰宅してきた向こう隣りのお家の人にもお願いしたら、実力行使で掴んだものの、スルリと逃げられ、そのままどこかへ逃げ去ってしまったのでした。


鳴き声がしだしたのは、私の家の前。
あんな小さい子だからそんな遠くへは行けないはず。
一度カリカリをあげているから、絶対夕方になってお腹が空けば、ここへ戻ってくる!
そう確証して、家の庭のカリカリを食べていた場所へ友人から借りた捕獲器を設置しておきました。 (それが昼の12時半)


d0081025_2301281.jpg

夕方になっても鳴き声や気配がしないので、心配しておりましたが、午後6時頃鳴き声を確認。
かとちゃん家の庭に入らず、その向かいの家の車の下で鳴いているのでした。
しかしかとちゃんの姿を見つけて、植え込みの茂みに隠れてしまうすばしっこさ。
ひょっとしたら来ないかもしれないと心配したかとちゃんは、そのチビの隠れた茂みのそばに捕獲器を移動。
友人が、面倒見のいいオス猫を連れてきてくれてしげみの中から誘いだす作戦も。
すると、そのオス猫の前へ姿を現すではありませんか!
きっとまだお母ちゃん恋しい年齢なんだよね、きっと引き離されて間もないんだと思いました。


d0081025_652153.jpg

そんなこんなで、結局空腹に負けたチビちゃんは、無事捕獲器にイン!
そして捕獲することができたのでした。(午後7時)


d0081025_657017.jpg

このチビは、大体生後二か月くらいか?たぶんオス。
耳も真っ黒で、ノミだらけ(>_<)
ストレスを与えないために、夜はご飯をあげたらなるべく人間姿を見せないようにそっとしておきました。
人間に向かって「シャー」って一人前に威嚇するのですが、抱っこするとゴロゴロ言うんです。
保護が夜になってしまったのと、落ち着かせるため病院は翌日連れていくことにしました。


d0081025_6583865.jpg

ちっこは病院で採取、ウンPは持っていくことができたので、無事健康診断を終えることができました。
オス、推定二か月、体重900g

保護した翌日10日の朝、初めて家でしたちっこは真赤な血尿、病院でも血液が出てるの!?くらいに真赤なちっこが・・・(:_;)・・・こんな小さいのに膀胱炎だそうです。

うんPは野良さんだったから、もちろんネコ回虫有。

いつもなら、真っ先に洗ってしまうかとちゃんですが、子猫という負担も考えてまだお洗濯しなかったので、ノミにはひとまずフロントラインスプレー。
三日後にレボリューションでノミと回虫駆除をします。

上の写真お手手に黄緑色のバンデージが巻かれています。
最初、右手の肉球が怪我していると思っていたのですが、実は前足を中心に肉球がやけどしていたのです。水膨れで皮が浮いていたり、化膿していたりしたのに、汚れがこびりついて気がつかなかったのです。
浮いている皮を切除して赤むけになっているので、特にひどい前足だけ保護シートとバンデージで保護してあります。


d0081025_79664.jpg

そして11日現在、子猫の順応性は早いもので、人間への威嚇はなくなり、甘えん坊さんの兆しも見えてきました。
今朝も早朝5時に起こされたし(~_~;)


今現在は、とにかく膀胱炎と肉球の怪我を治すこと。
そしてノミを完全駆除して、きれいになったら家のネコ達と対面させられるかな?
里親募集は治癒してからしていこうと思っています。
チビちゃんのイエ猫修行はこうしてスタートしましたよ。


ぶぅちゃの保護の時はこんなに小さくなかったし、長介はもう成猫だったけど性格の良さで色々な面全然苦労しなかったし、団子三兄弟に至っては、ビビアンが子育てしていてくれたから、かとやんは、全然楽ちんさせてもらっていましたが、
今回はまだほかの子達と一緒にできないので、少し大変でした(って、まだ2日じゃん!)自分の身になったことで、それまで、野良の子猫を保護されていた方の苦労が改めて身に染みました(>_<)
今現在で、少しお腹が空けばすぐ鳴くし、ちっこやうんPが出ればすぐ鳴くし、きっと、それまで母ネコと一緒にいたのでしょうね。


他の7にゃん、多少気配に気づいているものの日頃と変わりなくすごしておりますよ。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
ちびたん、病気早く治って家猫修行がんばれ~の応援ポチを。



※ペルシャ猫100匹SOS ご協力ください
[PR]
by katochans | 2008-07-11 08:00 | 茶っ鬼ぃ
アビシニアンとオシキャットの一家と茶トラ組とかとちゃんずのニャハハ日記
by katochans
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

お父さんお母さん募集
from 自己浄化作用
カーテンといえば、猫!?
from さざびーぶろぐ
湯たんぽ
from ブログ検索結果BLOG
女の子はいかが?( ^ ..
from 自己浄化作用
里親さん 募集 トラック..
from 自己浄化作用

検索

ブログパーツ

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな